てきとうな足跡
イラストやらバイトの事を書いている大学生のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイトのこと
働く事が、社会の歯車の一つになる事らしいが。

マックで働いていた事をふと思い出した。
2年前のこの時期、「就活するから~」とか適当な理由付けて辞めたけど、本当は留年して落ち込んでたから行きたくなかっただけ。けど、お金無いからバイトしなきゃと思って後日「やっぱ今の無しで」と言ったけど、「ちょっと虫がいいんじゃない?」と言われて断られる。そりゃそうだ。


過去2回、油を捨てに行く時こぼしたことがあるが、それでも首にされず、給料が減らされることもなく、油を捨てに行く事を任されたのはなんでだろう?
(台車に滑り止めのテープ貼ったり、落ちないようにベルトが設置されました。)

部下の失敗は上司の責任だから?だったら、他のバイトに任せたらいい。シフトを減らせばいい。
遅刻も何度もしたし、ミスもした。説教されたけど、シフトを入れてくれたのは信頼されてたからか?


バイトで学んだこと
「食の安全」
「挨拶」
「時間が無いじゃない。徹夜でも何でもして作るもの」
当たり前のことかもしれないけど、当たり前の事を続けるのは結構大変。遅刻しないとか。
スポンサーサイト
感謝のこと
一つ大事な事忘れてた。
「自分がこのやり方で内定をたまたま貰えただけであって、真似したからと言って必ずもらえるとは限りません。」
「※効果は個人差があります」みたいなの。本なんか頼らず、自分に合った就活で勝負してください。高いだけだから参考にするなら立ち読み程度で。
自己啓発もそうだが、就活生や消費者のことなんかより、それっぽいことやインパクトのあるタイトル、表紙つくって売れることが一番大事なんだから。(体験済み)


親、先生、役員、たまたまメールくれたTさん。全く共通点のない4人から。
「お金」と「働く」ことの話。

・「お金」
「お金」というのは、自分が望んでること、して欲しいことを代行してもらった御礼や感謝の気持ちで渡す物。まあ、当たり前といえば当たり前なんだけど。(買い物とかサービスとか。
需要があれば、必要とされていればお金は入るし、無ければ入らない。趣味や絵画、歌とかそうだね。
極端な話、「肩たたき券」のようなもの。

・「働く」ということ。
沢山の人が働いてくれてるお陰で、自分は衣食住の最低限な生活だけでなく、今こうしてブログ書いたり、コーヒー飲んだり、xboxで遊んだり、外食行ったり、のんびり生活していられます。
”お金払ってるから”当然だろとか、当たり前の事かもしれないけれども。例えば、バスや電車といった交通機関は運転手が安全運転&時間厳守してくれてるおかげで(冬季や事故は仕方ないけど)自分は遅刻しないで学校や旅行に行けるわけだし、農家、宅配便の人、倉庫管理してる人、料理人、色々な人々が食の安全に気を使ってくれてるおかげでファーストフードでも何でも、安い料金安心して買い物、外食ができるわけで。
それに、働いてる人は同じ人間というのも忘れてはいけない。
”お金払ってるから”という理由で、買ったものを製作者や販売員の見てる所で壊したり廃棄してもいいわけではないでしょう?

前置きが長くなったけど、働くということは「社会の歯車の一部になる」こと。
そして、消費者は。もとい人間は、他人だけでなく、生物や自然に生かされている生物だから、「感謝する」という事を忘れてはいけない。

・「権利」と「義務」
「権利」は自分が実行することが出来る事。保証。
「義務」は自分がやらなくてはいけないこと。
だから、「義務」を果たしてるから「権利」が得られるとのこと。
鎌倉幕府の「御恩と奉公」のようなもの?


一部うろ覚えだけど、まとめるとそんな話。
自分は、文章下手くそだから言いたいことが伝わったかどうか知らないけど、買い物とかお金払う時は”当たり前”と思わず、「ありがとう」とか、感謝の気持を一言伝えた方がお互いいい気分になるじゃん?って話。
(文章なんかより、言葉の方が気持ちが伝わるんだけどねぇ・・・)

続きに就活に参考にしたブログ乗せておきます。(ひねくれ者なのであまり参考にならないかも)
>>続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。