てきとうな足跡
イラストやらバイトの事を書いている大学生のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイトのこと
働く事が、社会の歯車の一つになる事らしいが。

マックで働いていた事をふと思い出した。
2年前のこの時期、「就活するから~」とか適当な理由付けて辞めたけど、本当は留年して落ち込んでたから行きたくなかっただけ。けど、お金無いからバイトしなきゃと思って後日「やっぱ今の無しで」と言ったけど、「ちょっと虫がいいんじゃない?」と言われて断られる。そりゃそうだ。


過去2回、油を捨てに行く時こぼしたことがあるが、それでも首にされず、給料が減らされることもなく、油を捨てに行く事を任されたのはなんでだろう?
(台車に滑り止めのテープ貼ったり、落ちないようにベルトが設置されました。)

部下の失敗は上司の責任だから?だったら、他のバイトに任せたらいい。シフトを減らせばいい。
遅刻も何度もしたし、ミスもした。説教されたけど、シフトを入れてくれたのは信頼されてたからか?


バイトで学んだこと
「食の安全」
「挨拶」
「時間が無いじゃない。徹夜でも何でもして作るもの」
当たり前のことかもしれないけど、当たり前の事を続けるのは結構大変。遅刻しないとか。
スポンサーサイト
感謝のこと
一つ大事な事忘れてた。
「自分がこのやり方で内定をたまたま貰えただけであって、真似したからと言って必ずもらえるとは限りません。」
「※効果は個人差があります」みたいなの。本なんか頼らず、自分に合った就活で勝負してください。高いだけだから参考にするなら立ち読み程度で。
自己啓発もそうだが、就活生や消費者のことなんかより、それっぽいことやインパクトのあるタイトル、表紙つくって売れることが一番大事なんだから。(体験済み)


親、先生、役員、たまたまメールくれたTさん。全く共通点のない4人から。
「お金」と「働く」ことの話。

・「お金」
「お金」というのは、自分が望んでること、して欲しいことを代行してもらった御礼や感謝の気持ちで渡す物。まあ、当たり前といえば当たり前なんだけど。(買い物とかサービスとか。
需要があれば、必要とされていればお金は入るし、無ければ入らない。趣味や絵画、歌とかそうだね。
極端な話、「肩たたき券」のようなもの。

・「働く」ということ。
沢山の人が働いてくれてるお陰で、自分は衣食住の最低限な生活だけでなく、今こうしてブログ書いたり、コーヒー飲んだり、xboxで遊んだり、外食行ったり、のんびり生活していられます。
”お金払ってるから”当然だろとか、当たり前の事かもしれないけれども。例えば、バスや電車といった交通機関は運転手が安全運転&時間厳守してくれてるおかげで(冬季や事故は仕方ないけど)自分は遅刻しないで学校や旅行に行けるわけだし、農家、宅配便の人、倉庫管理してる人、料理人、色々な人々が食の安全に気を使ってくれてるおかげでファーストフードでも何でも、安い料金安心して買い物、外食ができるわけで。
それに、働いてる人は同じ人間というのも忘れてはいけない。
”お金払ってるから”という理由で、買ったものを製作者や販売員の見てる所で壊したり廃棄してもいいわけではないでしょう?

前置きが長くなったけど、働くということは「社会の歯車の一部になる」こと。
そして、消費者は。もとい人間は、他人だけでなく、生物や自然に生かされている生物だから、「感謝する」という事を忘れてはいけない。

・「権利」と「義務」
「権利」は自分が実行することが出来る事。保証。
「義務」は自分がやらなくてはいけないこと。
だから、「義務」を果たしてるから「権利」が得られるとのこと。
鎌倉幕府の「御恩と奉公」のようなもの?


一部うろ覚えだけど、まとめるとそんな話。
自分は、文章下手くそだから言いたいことが伝わったかどうか知らないけど、買い物とかお金払う時は”当たり前”と思わず、「ありがとう」とか、感謝の気持を一言伝えた方がお互いいい気分になるじゃん?って話。
(文章なんかより、言葉の方が気持ちが伝わるんだけどねぇ・・・)

続きに就活に参考にしたブログ乗せておきます。(ひねくれ者なのであまり参考にならないかも)
>>続きを読む
続き
いつも聞いてる、毎週日曜日14時から17時まで生放送しているFMラジオ、T-fine!という番組
番組URL:http://www.otv.ne.jp/~reming/theme_4.html
ネット放送(群馬のFM TARO):http://www.jcbasimul.com/
この番組のとあるメッセージで、「雪が溶けると何になるか?答えは”水”だけど、”春”と書いても正解にしてくれる先生がいました。・・・」というようなメッセージがあり、自分もついに春が来たなと感じております。
明日から11月でもう冬ですが、いかがお過ごしでしょうか。


内定もらった会社の面接というのは、人事5~6人と学生合わせて30人くらいが、会議をするように円になって質問に答えるという物。最初は自己紹介をして希望する部署を簡単に説明。それから面接官が適当に質問をしていく・・・という一般的な流れ。
周りは緊張している中、面白い事言おうとする自分(もうアルコールは入れてません)。
(質問がいくつか終わり、お昼ごろ)
面接官「みんなお昼ごはん持ってきてないよね?このあとお昼ごはんにしよう。(おごりだよ)」
自分「!?」
面接官「確かカツカレーだったかな。・・・」
自分「(ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!)」
面接官「・・・では、そこの学生から時計回りに(質問に)答えてください。」
自分「(あ、やべ。質問聞いてなかった!)」
少し前、阿部総裁が3500円のカツカレーを食べてたから自分も食べたいなーと思ってた所でカツカレー!運命!あと、自分が指名されてたらオワタ\(^o^)/
(お昼ごはん)
面接官「沢山食べないといい仕事できないから食べろよー」
自分「お代わりありますか!?」
面接官「お代わりは自腹です。」

(食べ終わって)
面接官「沢山食べたか?」
自分「お腹いっぱいです!」
自分のお腹「グー・・・」
面接官・自分「!?」

面接でお昼ごはん出た所はここが初めてでした。他の所は一部コーヒーやお茶もらったけど、ほとんど何も出ない。
希望の星を、おもてなす心がなってない!
緊張してなのか、残す人がちらほら。「勿体無いからくれ」というわけにもいかないので残されたカレーを見送る。

べ、別にカツカレーが出たからここに行きたい!と思ったわけではないですよ?
また長くなってきたので「大切な話」は次回。
仕事が決まりました。
ここまで来るまでとても長かった。長かったので3回か4回に分けます。

まずは、アドバイスや応援してくれた親や友達(学校、学校以外の)、先生、フォロアー、仕事を紹介してくれたハロワの職員さん、その他様々な人達(後述)のお陰で諦めず、頑張ることが出来ました。ありがとうございます。


内定出たから、休憩時間、自分のことを見向きもしないでずっと女の子と話をしていたエロ親父人事の事や、電話やメールで募集してること確認したにも関わらず「募集してません」と紙切れ1枚返した会社(複数)のことや、透明人間と面接しているような態度を取った(やる気の無い)面接官の事とか忘れてやろう。忘れましょう。「潰れてしまえ」とか1ミリも思ってませんよ?思ってませんよ?


就活始めた頃は、本やセミナーを参考にしながらガチガチの履歴書を丁寧に書いたり面接受けてました。
けど、ある時、お酒の席で「そんなにベラベラ話せるのに、なぜ就職が決まらない?むしろアルコール入れて面接受けたらどうだ?」とかいうアドバイスを貰ったので一度か二度、アルコール入れた状態で面接に行ってみました。
ダメでした。

あくる別の日、「ダメだった?面接でもそのノリで!ネコなんか被らず、いつもの自分で話してみたらどうだ?」というアドバイスをもらった所・・・
面接官「カラオケ好きと言ってたけど何歌うの?」
自分「AKBです!」
面接官「誰が好き?」
自分「女なんか興味有りません。(1/48の確率で適当に言えば誤魔化せるけど)メンバーなんて知りませんが歌が好きです。明るくて楽しいから。今、(ダンエボで)踊れるように頑張ってます!」
面接官「え?ww」
また、
面接「健康について聞きます。アトピーとか持病ありますか?」
自分「無いよ。でも、強いて言うなら、お酒弱いこと。」
面接「・・・・。全く飲めないということ?」
自分「2杯、3杯飲むと楽しいことになってしまいます。」
面接「えwww」
自分「笑い譲渡なんで楽しいことになります」
お・・・?ちょっと面接官の反応が違うぞ。
(ちなみにここだけの話、適性試験で「現在の総理大臣は誰か?」という質問にうっかり「阿部総理!」と書いてしまいました。ちょうど、阿部さんが自由民主党総裁になったニュースやってたからね。)

あ、落ちました。
そして、内定を貰った会社も・・・と言いたい所だけど長くなったからこの次で。
住み慣れた土地を離れて
札幌滞在期間も残り一週間を切り住み慣れた自宅に帰れることができますが、嬉しさ半分離れる寂しさ半分で一人暮らしをはじめたばかりの頃と同じような気分です。
はじめは美味しいものや遊べるところがたくさんあると喜んでたけど、(ゲストハウスのため)プライベートが無いし、知り合いや(人見知りのため)話し相手が居なくて寂しくなるし、就職活動はお祈りばかりで収穫なしで落ちこんで・・・・と、その辺も一人暮らしを始めた頃と同じことを繰り返してます。

しかし私も伊達に20年以上、そして人よりちょっと多く大学行っているッ!
俺は一分一秒、そしてこの瞬間にも成長している!だからこそry

  1. ゲストハウスの特性上、外国人観光客や道外からの観光客が多いことを利用し面接、英語の練習、人見知りを克服するためとにかく何か話しかける。
  2. お祈りされるのは人事の見る目が無かったと人のせいにし、気持ちを切り替える。人間諦めが肝心。(もちろん対策を考える。)
  3. ストレスは溜め込まない。暴言や愚痴を吐く。広いお風呂やサウナで汗流して気分転換。水分補給を忘れずに!
    (また、サウナの入りすぎ、ヨガやハッテン行為を行うと疲れるので注意)
  4. 時には自分へのご褒美として美味しいもの食べる。ハンバーグ屋さんで食べたパフェがおいしくてスイーツ系男子になりそうです。
  5. ブログや紙に、今の自分の気持ちや成長点を書き出してみる。
  6. タバコ。6mgの1本貰って軽く吸ったが、お金が掛かるし健康を害する。そして喫煙場所が少ないこと等からあまりオススメできない。
  7. やることが無いからと言って、だらだらゲームやネット(主に2ch、twitter)を見ない。本を読んでるほうが楽しい。

等など。

体調が悪いとき家に「休んで行きなよ」と誘われ休んでるところを襲われそうになるという嫌なこともあったけど、一人でも本当の友達(失敗を笑ってくれる友達)が居れば、その土地で嫌なことがあっても好きになれると思いました。
時には一人になりたいときもあるけど、人と人の繋がりって大事!
また、説明会の会場や時間を間違えたりしたからメモと出発前の再確認などを学習。

今回は1ヶ月約10万円(宿泊代5万。交通費2万。食費3万)近くの長旅で、就職活動の方はあまり収穫なかったけど、色々な人と出会えて、そして気づくことができてなかなかいい体験になったと思う。

次回旅行するときは海外(インドや東南アジア)に行ってみたいな。英語しゃべれないけど。
>>続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。